top of page

住宅補助金制度始まります!

「住宅省エネ2023キャンペーン」が始まります。


住宅省エネ2023キャンペーン」は、2050年カーボンニュートラルの実現に向け、家庭部門の省エネを強力に推進するため、住宅の断熱性の向上や高効率給湯器の導入等の住宅省エネ化を支援する新たに創設された3つの補助事業の総称です。


この制度を利用することによって、かなりお得に省エネリフォームをしたり、新築住宅を手に入れることができます。

この機会にUKENに相談してみませんか?


申請は国に事業者登録をしている事業者に限られます。

UKENは事業者登録しています。安心してお任せ下さい。

予算上限に達すると申請できなくなりますので、なるべくお早めに。



リフォームに使える補助金


こどもエコすまい支援事業

  概要  下記①~⑧の工事に応じて補助額を設定、補助上限額は30万円

     (子育て世帯や若者夫婦世帯の場合等は最大60万円)

      ① 開口部の断熱改修

      ② 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

      ③ エコ住宅設備の設置

      ④ 子育て対応改修

      ⑤ 開口部の防災性向上改修

      ⑥ 空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置

      ⑦ バリアフリー改修

      ⑧ リフォーム瑕疵保険等の加入

        ※ ①~③のいずれかの工事が含まれていることが必須。

          例外として、「先進的窓リノベ事業」又は「給湯省エネ事業」において交付決定を受ける

          場合は、①~③に該当する工事を含んでいるものとして取り扱われます。

  対象者  令和4年11月8日以降に「リフォーム工事」に着手し、申請した方

  受付期間 令和5年3月下旬~予算上限に達するまで

      (遅くとも令和5年12月31日まで)  


先進的窓リノベ事業

  概要   高性能な断熱窓への改修について、工事内容に応じて定額を補助

      (上限200万円)

  対象者  令和4年11月8日以降に契約を締結し、着工、申請した方

  受付期間 令和5年3月下旬~予算上限に達するまで

      (遅くとも令和5年12月31日まで)


給湯省エネ事業

  概要   ①家庭用燃料電池(エネファーム)

       ②ヒートポンプ給湯器(エコキュート)

       ③ハイブリッド給湯器

       を設置する場合に定額を補助

      (①は15万円、②及び③は5万円)

  対象者  令和4年11月8日以降に契約を締結し、着工、申請した方

  受付期間 令和5年3月下旬~予算上限に達するまで

      (遅くとも令和5年12月31日まで)


 

新築住宅取得に使える補助金と支援策


こどもエコすまい支援事業

  概要   子育て世帯や若者夫婦世帯を対象に、ZEH住宅の取得に100万円補助

  対象者  令和4年11月8日以降に「対象工事」に着工し、申請した方

       ※対象工事:基礎工事より後の工程の工事 

  受付期間 令和5年3月下旬~予算上限に達するまで

      (遅くとも令和5年12月31日まで)




住宅ローン減税で13年間の税額控除

  概要  ・住宅ローン残高の0.7%を原則13年間、所得税額と住民税額の一部から

       税額控除

      ・住宅の省エネ性能等に応じ控除額を上乗せ

  対象者  令和4年1月~令和7年12月末までに入居した方


贈与税非課税枠は最大1,000万円

  概要   親や祖父母等から資金贈与を受けて住宅の取得等をした場合、

       最大1,000万円までの贈与が非課税

  対象者  令和4年1月~令和5年12月末までに贈与を受けた方


  


  

「住宅省エネ2023キャンペーン」について詳しくはこちら↓↓


予算・管轄等


補助対象

 下表における、新築は住宅の取得者、リフォームは工事の発注者が対象です。

 住宅は戸建住宅、共同住宅等・集合住宅の別を問いません。


補助金額

 下表の補助額について、上限の範囲で申請できます。

 上限の範囲内であれば、複数回の申請も可能です。


ご興味あれば、直接ご説明致します。

お気軽にご相談下さい!




UKEN






Comments


bottom of page